MENU

浅田芭路の読み方は「はろ」で本名?プロフィールやちむどんどんや舞い上がれなど出演作品や役をまとめ

浅田芭路

2022年10月から放送されているNHK朝ドラの「舞い上がれ!」に出演されていることで話題になっている子役の浅田芭路さん。

5歳から子役としてご活躍されているようです。

今回は、

・浅田芭路の読み方は「はろ」で本名?
・浅田芭路のプロフィールやちむどんどんや舞い上がれなど出演作品や役をまとめ

とっても可愛くて人気となっている浅田芭路さんは本名なのか、他の出演作品もチェックしてみましょう。

目次

浅田芭路の読み方は「はろ」で本名?

2022年10月より放送が開始されていNHKの朝ドラ「舞い上がれ!」で福原遥さん演じるヒロインの幼少期を演じている浅田芭路(あさだ はろ)さん。

子役としてさまざまな役柄を演じていますが、果たして芭路というお名前は本名なのでしょうか・・・?

実は本名かどうかは公表されていないため、分かっていません。しかし、本名ではないかといわれている理由が2つあります。

1.弟である浅田弦寿くんが本名なので、芭路さんも本名の可能性が高い
2.芸名にしては感じが難しすぎる

という点です。

実は、浅田芭路さんには、3歳年下の弟である浅田弦寿(あさだ げんじゅ)くんという弟さんがいます。

弦寿くんも子役として活躍しています。

浅田芭路さんのSNSにも登場するなどとても仲良し姉弟のようです。

SNSの中では、弟の弦寿くんのことを「げんげん」という可愛い呼び方でよんでいます。

常に「げんげん」と呼んでいるということは、弦寿くんは芸名ではなく本名の可能性が高いということですよね!

弦寿くんが芸名でないという可能性が高いので、芭路さんも本名の可能性が高いといえます。

また、2つ目の理由として、芸名の漢字が難しいということがあります。

「芭路」と書いて、「はろ」と読むというのは、なかなか難しいということがあります。

しかもまだ子役ということもあり、他の共演者の子役の子たちも最初は読み方が分からないと思うと思います。

芸名だったら、分かりやすい漢字などを使ったりする可能性が高いため、本名の可能性が高そうです。

また、子役から活躍する人の特徴として、自己紹介などで芸名と本名を間違っていってしまわないように、本名でご活躍される方が多いようです。

難しい漢字を芸名でわざわざ使うこともないようですし、本名の可能性が高そうですね。

浅田芭路のプロフィールやちむどんどんや舞い上がれなど出演作品や役をまとめ

浅田芭路さんのプロフィールや出演作品をご紹介します!

浅田芭路のプロフィール

名前 浅田芭路(あさだ はろ)
生年月日 2013年9月5日
年齢 9歳(2022年10月現在)
血液型 不明
出身地 東京都
身長 123㎝
好きな動物 パンダ
好きな食べ物 カレー、いくらのお寿司、もつ鍋

好きな動物がパンダということや、好きな食べ物がいくらのお寿司だったりとかわいいですよね!

ですが、好きな食べ物の中にもつ鍋が入っているのがGAPがあっていいですね!

一気に大人な感じがしますね!

本場福岡のもつ鍋も食べたことがあるのかもしれませんね!

浅田芭路 2018年9月 この世界の片隅に

浅田芭路さんは、TBS系連続ドラマ「この世界の片隅に」の最終話に登場していました。

浅田芭路さんが演じたのは、「北条節子」という女性の幼少期の役です。

広島の原爆の悲惨さなどを訴えているドラマになっていて、両親を亡くすという難しい役所を演じています。

浅田芭路 2019年 クレラップCM

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる