MENU

YOASOBIは生歌が下手!?上手いのに下手と言われてしまう理由を動画で検証!

YOASOBI

2020年「夜に駆ける」で大ブレイクし若者の間で人気のYOASOBI。

2021年12月4日と5日にYOASOBI初となる有観客ライブが、結成わずか2年にも関わらず武道館で開催されました!

パチパチパチ~☆と拍手を送りたいところですが、「YOASOBIの生歌が下手すぎる」という残念な声が多く上がっています。

でも、決してYOASOBIの歌が下手なわけではありません。実際、「夜に駆ける」という難曲を音階がブレることなく歌えるわけですから。

では、なぜYOASOBIは生歌が下手と言われてしまうのでしょうか?上手いのに下手と言われてしまう理由を動画を比較して検証してみました!

目次

YOASOBIの生歌が下手すぎるという世間の声

YOASOBIのボーカル(ikura)の生歌について、世間の人はどんな感想を持っているのかをTwitterから拾ってみました。

まずは、テレビで生ライブの様子を切り取った映像を見た人、実際に生ライブに参戦した人、情熱大陸で生歌を聞いた人たちの「生歌を聞いてガッカリした感想」です。

YOASOBIの生歌が下手だという感想

では、反対にYOASOBIの生歌を下手と思わなかった人の感想を拾ってみました。

YOASOBIの生歌は下手とは違うという感想

YOASOBIの生歌を下手という声も確かに多くありましたが、反論の声を同等数ありました。

YOASOBI音源動画と生歌動画を比較してみた

YOASOBIの生歌が本当に酷いのかは、収録音源動画とライブ動画を比較してみなければわかりませんよね。

そこで、事前に収録された歌とライブでの生歌を聞き比べてみたいと思います。

YOASOBI収録音源「夜に駆ける」動画

透き通った声にキレイに抜ける高音が心地よくて、ずーっと聴いていられる癒し系ボイスです!

YOASOBI収録音源「怪物」動画

「夜に駆ける」よりも軽やかなリズムで、気付けばずっと足でリズムを刻んでた!というような、自然に乗れる軽快な曲ですよね。

アップテンポで転調も頻繁な「怪物」を、かなりのクオリティで軽快に歌い上げています。

YOASOBIライブ生歌動画

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる